バイクグッズに関する情報サイト

大切なバイクはこうやって守ろう

このサイトでは、バイク用のロックについて幅広い情報を取り上げます。
例えば、使いやすさやセキュリティを考慮して選ぶことの大切さを考えます。
また、チェーンタイプのものを選ぶ場合に知っておきたいことも記載します。
そして、安全性をどのように知ることができるのかや、持ち運びができることのメリットについても考えます。
特に、チェーンタイプのものがおすすめの理由を考えるので、これから購入される方は参考になる情報となっています。

バイク用ロックの選び方|使いやすさ・セキュリティをチェック

バイク用ロックの選び方|使いやすさ・セキュリティをチェック バイクの盗難は年間で2万件にものぼるとされ、その1割程度しか戻ってこないようです。
また、カギをかけていても盗まれるケースが多発しているため、バイク用のロックは選び方が大切だといえるでしょう。
まず考えたいのが、使いやすさです。
特に外出先で使うことを考えると、持ち運びがしやすいことを考えて選ぶと良いでしょう。
大きすぎず、きちんとバイクを守ってくれるものとしてはディスクに挟むタイプやチェーンタイプのもの、U字ロックが使いやすいといえます。
加えて、高いセキュリティ性能も求めたいものです。
バイクを動かしたり傾斜させるだけでアラームが鳴るものは、ロックを壊さずに持ち運ぼうとする犯罪にも強さを発揮します。
さらに、容易に切ることができないチェーンタイプのものは高い安全性が確保できます。

大切なバイクを守るロックの種類と導入方法

大切なバイクを守るロックの種類と導入方法 自動車と同じく、バイクも高額な費用を出さないと買えない乗り物です。
自身の家にガレージがあれば、大切に保管をすることができるでしょう。
しかし、日本の住宅事情を考慮すると、大半が自宅の前やマンションなどの駐輪場に停めないといけません。
そのまま置いておくと盗難に遭う恐れがあるので、しっかりとロックをして置いておきたいものです。
そこでここでは、バイクにお勧めの2種類のロックをご紹介しましょう。
もっとも効率的なのがイモビライザーです。
これはエンジンと連動をさせたもので、自動車にも採用されています。
特殊なキーとなっており、この形が合わないとエンジンを掛けることはできません。
4回ミスをしたら大きな警報音がなるので、盗難を未然に防ぐおとが可能です。
導入をするには約20万円は掛かりますが、高級な大型バイクなら当初から標準装備になっているのも特徴です。
コストを抑えた形のロックだと、ワイヤーシフトがおすすめです。
タイヤに備えるだけなので導入もしやすく、ホームセンターなどで2000円前後で販売されています。
2種類しかありませんが、どちらかを採用するだけでも防犯機能を向上させられるので、積極的に取り入れるといいです。

バイクロックの最新情報をもっと

バイク ロック

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>